フジプロ💛住まいと暮らしの安心情報 リフォーム編4月号 2018.04.01

 
 / 3月号 

●今月のおススメ家電はこちら

●キッチンのリフォーム

 4月は進学や就職、転勤など新しい生活をスタートする人が多い時期です。家族のライフスタイルや生活パターンに変化が生じた時には、お部屋の模様替えやリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。

その一例としてキッチンのリフォームについて紹介します。

いまやキッチンは食事を作るためだけの場所ではなく、家族そろって料理や食事をする場所に変わっています。家族の団らんを楽しむ場ともいえます。
キッチンのリフォームは、誰がどんなふうに使うのかを考えて、「スタイル」と「レイアウト」を決めていきましょう。ここでいうスタイルとはキッチンとダイニングの位置関係、レイアウトとはキッチン内の配置です。

電気料金のご相談もフジプロに!!

フジプロはENEOSでんきの正規取扱代理店です。

キッチンのスタイルは3種類です

【クローズドタイプ】・・・キッチンとダイニングが別々になっているため、お客様からキッチンが見えません。

【オープンタイプ】・・・キッチンとダイニングがつながっているタイプ。家族やお客様と会話をしながら料理ができますし、片付けもしやすいというメリットもあります。

【セミオープンタイプ】・・・上記2つの中間です。コミュニケーションをとりつつも、生活感のでやすいキッチンがお客様からは見えづらいのが良い点です。

冷蔵庫や調理機器、シンクのレイアウトを決めましょう

Ⅰ型・・・冷蔵庫、調理機器、シンクなどを一列に並べます。
16_01.jpg 

Ⅱ型・・・両側に調理スペースをおきます。
16_02.jpg 

それほど動きまわらずに調理ができますし、収納スペースも取りやすいのがメリットです。

L型・・・調理スペースをL字型におきます。
16_03.jpg 

コーナー部分をどう活用するかで使い勝手が変わります。

U型・・・調理スペースをU字型に配置します。
16_04.jpg
調理スペースを広くとることができます。

どのタイプを選ぶかは、キッチンの広さや調理器具、設備がポイントとなります。それらに加えてキッチンの中でどう動くか、収納や機能、家族のライフスタイルなどを考慮して決めていきましょう。

 
住宅リフォームのご相談もフジプロへ。

(資料出所/CFCほか)